初めての会社設立の記事一覧 - 独立する?会社設立しよう!

menu
HOME » 初めての会社設立

初めての会社設立

会社設立で必要な提出書類は?

 

これから会社設立を考えている人は提出書類について十分に下調べをしておく必要があります。
会社設立前と設立後に提出する書類がたくさんありますので、ここで簡単に説明していきたいと思います。

どのように手続きすればいいのかと言うと、利用する場所は、公証人役場と法務局の二つだけです。
ここにそれぞれ必要な書類を提出することになります。
まず最初に手続きを行うのは、公証人役場です。
ここでは、定款を認証してもらう必要があるため、会社の定款を事前に作成しておかなければなりません。

定款の認証とは、その存在を公的に認めてもらう手続きになります。
これは、株式会社でも合同会社でも手続きが必要になるため、必ず事前に定款を作成しておくようにしましょう。
そもそも定款とはどういうものかと言うと、企業のホームページに行くと、会社説明のところにこれが記載されています。

定款の内容は、その会社内でのルールや役員の数屋号本店所在地などです。
一見難しそうですが、雛形は公証人役場で公開されていますので、そちらを利用するか自動で定款を作成できるサービスを利用すれば、簡単に作ることができます。

資本金がたくさんある会社の場合は、より定款の内容もしっかりしていないといけないため、内容を精査する必要があります。
不備がないようにするためには、専門家に任せた方がいいかもしれません。

定款を公証人役場に提出したら、定款謄本というものを有料で発行してもらいます。
こちらを法務局に提出することになるのですが、他にも登記申請書や役員の人数分の印鑑登録証明書、会社のオーナーである発起人の決定書などの、色々な書類が必要になります。
また、資本金を払い込んだ時の証明書も、銀行から発行してもらう必要がありますので、事前に準備しておきましょう。

後は、法人の印鑑を作らなければなりません。
法人の印鑑を作ることで、銀行で法人口座を開設できますので、法務局で書類をもらって印鑑を届け出るようにしましょう。
この時注意したいのは、自分の印鑑ではなく会社用の印鑑を事前に作っておくことです。
印鑑届出書は、法人の印鑑を証明するものになりますので注意してください。

これらの手続きを終えれば、無事会社が設立されたことになるのですが、書類が足りないと登記が認められません。
確実に登記する場合は、司法書士や弁護士に委任状書き、代理で手続きをやってもらうと間違いがないです。
会社設立後は、本業以外にも税務署に届け出る書類や、役所に届け出る書類などがありますので、こちらも事前に調べてから、手続きを行うようにしましょう。

会社設立に必要なお金のこと

 

近年「会社を設立しよう」というような意見が多くなり、個人事業主やフリーランスの間でも会社にしてしまうという方が多くなっています。
政治関連の話は避けて通れませんが、実際に会社の方が節税になるなど、色々とお金の面を考えて会社設立をおこなう方も増加しています。
確かに現行の政治では、会社に対して優遇措置が進められ、より個人事業主やフリーランスに比べて、会社にしてしまった方が魅力も大きくなっています。
しかし、先立つものがないと会社設立はできます。
そう、お金がどうしても必要となってくるのです。
そこは、ちゃんと考えておくことが必要となるでしょう。

もちろん、会社設立の際には色々と費用やコストもかかってくるので、その点も考えておくことが必要となります。
ただ、こればかりはどのような事業でどのような規模でどのようなベクトルなのかによって大きく変わるので、一概に金額については言えません。
しかし、お金のことはちゃんと考えておくことをおすすめします。

まず、会社設立にあたって必要となってくるのが、お金なのですが、その費用は人によって違ってきます。
例えばすでに会社に勤めていて独立する場合、会社を辞めてからの生活費などを考えつつ、会社設立のことも考えておくことが必要です。
独立の場合は特に個人での出費が多くなるということもあり、そこを混合して考えてしまいがちです。

ただ、会社設立によって独立する場合は、手続きにかかる費用はもちろん、諸経費や設備投資なども必要となってきます。
ただ会社設立を目指すと言っても、事務所を借りたり建てたりするだけでも相当な予算が必要ですし、備品の設置や設備の整備、その他にも必要なもので必要がどんどん必要となってきます。
実際に会社設立だけであれば、手続きに必要となる費用だけで済むのですが、会社となると「はい、会社を始めます」と言って事業ができるものではありません。
その点も考えて、総合的な費用をしっかり考えておくことが必要となります。

また、会社の形態によっても違ってきます。
例えば、日本で一般的な株式会社の場合は、株主から資本金を集めて、それを事業に使っていきます。
しかし、有限会社となればまた違ってきますし、近年増えている合資会社や合同会社なども違ってきます。
必要となってくるものに関しては会社によって大きくことなるので、その点も含めて考えておくことが必要となるのではないでしょうか。

独立し会社設立を行う際の社員の採用について

一人で独立、会社設立を行うとなると仕事によっては一人で会社としてやっていくのは難しいというケースも多いです。
社員を雇う必要があったりもしますよね。
ある程度の規模より大きなビジネスでの起業は特に一人で行うことは難しいでしょう。
また役員を入れても難しいこともあります。
『独立し会社設立を行う際の社員の採用について』 の続きを見る

独立して会社設立を行う際の補助金について

今まで働いていたところから独立して自分自身で起業を行い、会社を設立するという方法があります。
会社設立を行うこととなったら、会社として運営をしていくにあたって、知っておいてほしい様々な知識などがあるんですね。
その中に補助金、助成金についての情報があります。
もらえる補助金などはもらっておくべきなので必ず知っておいてほしいといえる情報でしょう。
『独立して会社設立を行う際の補助金について』 の続きを見る

独立して会社設立する際の相談について

独立して起業を行う際に、会社設立を行うケースでは専門的な知識などが必要になります。
ですので会社設立は専門家であるプロに対して依頼を行うことがお勧めですね。
会社設立において知っておくべきことがたくさんあります。
やはりその道の専門の人でないとわからないことなどもたくさんあることかと思うのです。
ですから、会社設立を行う際にはだれか専門家に対して相談を行うことが必要です。
『独立して会社設立する際の相談について』 の続きを見る

サラリーマンが独立して会社設立をすることについて

サラリーマンで働いている場合、これから起業をされたいと考えている場合にはまずは情報収集から始めるようにしましょう。
起業をして会社設立を行うのにあたってやはり情報を得ているということはとても大切なこととなります。
『サラリーマンが独立して会社設立をすることについて』 の続きを見る

独立をして会社設立を行う際のデメリット

独立し起業するにあたって会社設立を行うという方が増えています。
また個人事業主として起業したけれどそこから会社設立を行って法人化している方も増えているのです。
確かに会社設立を行うことによって高いメリットも得ることができます。
でもそのメリットばかりを見ていて法人化したというのではいけません。
メリットに目を向けることももちろん大切ですが、メリットばかりを見るのではなくむしろデメリットの方に注目する必要があるのです。
『独立をして会社設立を行う際のデメリット』 の続きを見る

独立して会社設立をする際のメリット

独立をして法人化、会社設立を行うという方法があります。
会社設立だけでなく個人事業主として独立をするという方法もあるのですが、どちらがよいのでしょうか。
それはやはりどちらとものメリットなどを比較してみることが大切であるかと思いますね。
『独立して会社設立をする際のメリット』 の続きを見る

独立して会社設立を行うことの理由

会社員などとして働いていると起業したい、独立したいという考えが浮かんでくることがあることでしょう。
起業は決して夢物語なんかではありません。
誰もが本気になれば独立起業を行うことができるチャンスがあるのです。
今独立して起業、会社設立を行うという方がとても増えてきています。
『独立して会社設立を行うことの理由』 の続きを見る