独立して会社設立を行うことの理由 - 独立する?会社設立しよう!

menu
HOME » 初めての会社設立 » 独立して会社設立を行うことの理由

独立して会社設立を行うことの理由

会社員などとして働いていると起業したい、独立したいという考えが浮かんでくることがあることでしょう。
起業は決して夢物語なんかではありません。
誰もが本気になれば独立起業を行うことができるチャンスがあるのです。
今独立して起業、会社設立を行うという方がとても増えてきています。

そんな独立起業に関してですが、独立をして会社設立をされた方の理由って何なのでしょうか。
やはり会社設立を行うとなるとリスクも出てきます。
ですがそのリスクも踏まえたうえで会社設立をして独立をするという判断をされているのです。

また今は雇われて働いているけれど起業したいと考えている方の理由って何なのでしょうか。
起業する前に一度理由について考え直してみてください。
正直理由はどんなものでもいいのです。
でもそこの本気度によって会社設立がお勧めできるかが変わってきます。

やはり独立して会社設立をするとなるとリスクがあります。
会社設立だけなら費用さえあればできます。
でもそのあとその会社を存続していくということが大切となるのです。

理由として多く考えられるのは、独立したほうがお金を儲けることができそうだったから、もしくは独立をしたほうがお金を儲けられるつてがあったから、というものがありますね。
確かに雇われて働ている状態ですと基本的には固定給になりますから、自分で頑張った結果が売り上げに反映されるという起業は魅力的ですね。

またほかにも理由としては、自分のやりたいことがあったから、自分で会社を運営したかったから、誰かに指図されて動くのではなく自分自身の考えで動きたかったから、自分のスキルなどを試したかったから、もっともっと自分の実力を試したくなったから、社会貢献のため、など様々な理由があげられます。
またそのどれもが素晴らしい理由だと思います。

理由はあくまでもきっかけに過ぎません。
そこからどうやって会社を大きくしたり存続させていくのかということが重要なカギとなってくることでしょう。