独立して会社設立をする際のメリット - 独立する?会社設立しよう!

menu
HOME » 初めての会社設立 » 独立して会社設立をする際のメリット

独立して会社設立をする際のメリット

独立をして法人化、会社設立を行うという方法があります。
会社設立だけでなく個人事業主として独立をするという方法もあるのですが、どちらがよいのでしょうか。
それはやはりどちらとものメリットなどを比較してみることが大切であるかと思いますね。

会社設立にあたってのメリットとしては、まず何より節税を行う際の節税手段が多いということがあげられます。
税金を抑えるためにも節税対策はとても大切なことです。
会社設立の場合は経費の幅を広げることができます。
例えば自分自身にかける生命保険であったり自分自身や家族に対して支払う退職金も経費として認められるのです。

他にも赤字の繰り越し控除が長くなっています。
個人事業主の場合では3年のみですが法人の場合は赤字は7年間繰り越して控除をするということが可能となります。
また法人税の税率が一定となります。
個人事業主における所得税は累進課税となり所得が高くなればその分税率が高くなります。
ですが法人の場合は税率が一定のため、売上、また利益が多いという場合には法人化をお勧めします。
それから法人の場合会社の資産に対しては相続税は掛かりません。

また節税対策以外にもメリットがあります。
まずは信用力が高いということがあげられます。
銀行からの借り入れを行う際にも個人事業主よりも法人のほうがしやすいですね。
それに人材確保においても法人である方が印象がよく人材確保がしやすいです。
また取引先が広がるというような信用もあります。
中には個人事業主とは取引を行わないというような会社もありますから、法人のほうが信用は得やすいのです。
家族に対する給与についても、実際に家族が事業に従事していれば家族に対する給与支給に制限がありません。
ですので所得を分散させて所得税や住民税の節約を行うことが可能になるのです。

また資金調達の幅も広くなりますし、決算月を自由に決めることも可能です。
それから法人は出資の範囲での有限責任なのでリスクも小さいといわれているのです。