サラリーマンが独立して会社設立をすることについて - 独立する?会社設立しよう!

menu
HOME » 初めての会社設立 » サラリーマンが独立して会社設立をすることについて

サラリーマンが独立して会社設立をすることについて

サラリーマンで働いている場合、これから起業をされたいと考えている場合にはまずは情報収集から始めるようにしましょう。
起業をして会社設立を行うのにあたってやはり情報を得ているということはとても大切なこととなります。

最近ではサラリーマンの方が起業をされるというケースがとても増えてきました。
サラリーマン起業、といった言葉が生まれたぐらいなんです。
サラリーマンとして起業する場合、サラリーマンとして働きながら起業をする方法と、サラリーマンをやめて独立して起業をするという方法があります。
どちらの方法にしろ注意点や知っておいてほしい情報などがあります。
因みにサラリーマン起業という言葉はサラリーマンとして働きながら起業を行っている方を呼ぶ名称になります。

サラリーマンのまま、つまり会社員として働きつつ起業して自分で事業を営むという起業の方法の場合では法律上は特に問題はありません。
ですが就業されている会社の方の就業規則に引っかかってしまう可能性があるので注意してください。
就業規則上、副業をすることを禁止している企業がとても多いです。
これは業務支障が発生したりまた会社に対して損害を与えてしまう可能性がある為です。
ですので注意しましょう。

また会社員を辞めて独立して起業をするという方法がありますが、この場合就業規則は関係なくなりますからそこは気にする必要はなくなります。
ですが自分自身で起業した事業での売り上げなどのお金で生活をしていく必要があります。
独立起業される場合には、個人事業主として起業するのか、それとも会社設立して法人化するのかという二つの方法があります。
個人事業主、法人、どちらにもメリットとデメリットがあります。
そのメリットとデメリットの両方を知ったうえで比較を行い、どちらで起業するのかを決める必要があります。

会社設立を行って法人化をするとなった場合には、最初にまとまったお金が必要となりますので、用意をしておく必要があります。