会社設立で必要な提出書類は? - 独立する?会社設立しよう!

menu
HOME » 初めての会社設立 » 会社設立で必要な提出書類は?

会社設立で必要な提出書類は?

 

これから会社設立を考えている人は提出書類について十分に下調べをしておく必要があります。
会社設立前と設立後に提出する書類がたくさんありますので、ここで簡単に説明していきたいと思います。

どのように手続きすればいいのかと言うと、利用する場所は、公証人役場と法務局の二つだけです。
ここにそれぞれ必要な書類を提出することになります。
まず最初に手続きを行うのは、公証人役場です。
ここでは、定款を認証してもらう必要があるため、会社の定款を事前に作成しておかなければなりません。

定款の認証とは、その存在を公的に認めてもらう手続きになります。
これは、株式会社でも合同会社でも手続きが必要になるため、必ず事前に定款を作成しておくようにしましょう。
そもそも定款とはどういうものかと言うと、企業のホームページに行くと、会社説明のところにこれが記載されています。

定款の内容は、その会社内でのルールや役員の数屋号本店所在地などです。
一見難しそうですが、雛形は公証人役場で公開されていますので、そちらを利用するか自動で定款を作成できるサービスを利用すれば、簡単に作ることができます。

資本金がたくさんある会社の場合は、より定款の内容もしっかりしていないといけないため、内容を精査する必要があります。
不備がないようにするためには、専門家に任せた方がいいかもしれません。

定款を公証人役場に提出したら、定款謄本というものを有料で発行してもらいます。
こちらを法務局に提出することになるのですが、他にも登記申請書や役員の人数分の印鑑登録証明書、会社のオーナーである発起人の決定書などの、色々な書類が必要になります。
また、資本金を払い込んだ時の証明書も、銀行から発行してもらう必要がありますので、事前に準備しておきましょう。

後は、法人の印鑑を作らなければなりません。
法人の印鑑を作ることで、銀行で法人口座を開設できますので、法務局で書類をもらって印鑑を届け出るようにしましょう。
この時注意したいのは、自分の印鑑ではなく会社用の印鑑を事前に作っておくことです。
印鑑届出書は、法人の印鑑を証明するものになりますので注意してください。

これらの手続きを終えれば、無事会社が設立されたことになるのですが、書類が足りないと登記が認められません。
確実に登記する場合は、司法書士や弁護士に委任状書き、代理で手続きをやってもらうと間違いがないです。
会社設立後は、本業以外にも税務署に届け出る書類や、役所に届け出る書類などがありますので、こちらも事前に調べてから、手続きを行うようにしましょう。