初めての会社設立の記事一覧 - 独立する?会社設立しよう!

menu
HOME » 初めての会社設立

初めての会社設立

会社設立における5つのステップとは?


 

会社設立には時間がかかると言われています。
しかし、押さえておかなければならない5つのステップを覚えれば、スムーズに会社設立が出来ますよ。
そこで、会社設立における5つのステップについて見ていきましょう。

 
・第1ステップ!設立前の準備
設立前の準備では商号を決めておきましょう。
商号と言うのは会社の名前を意味していて、基本的には自由に商号を決めることが出来ます。
また、本店所在地となる住所に登記や照合がないかを確認しておきましょう。
会社設立前の準備としてはこれらの他にも、会社や手続に必要な印鑑を作成しておかなければなりません。
印鑑を作成したときは同時に印鑑登録も行っておきましょう。

 
・第2ステップ!定款の作成
商号や印鑑の作成が出来たら、次は定款の作成を行います。
定款の作成はルールに沿って記載していき、事業目的や本店所在地、出資額や発起人の氏名や住所などを記載していきます。
定款の作成はルール通り記載しないと認証が受けられないケースもあるので注意しましょう。

 
・第3ステップ!定款の認証
定款の作成が出来たら公証役場にもっていって、定款の認証を受けましょう。
定款の認証は本店所在地を管轄する公証役場で行い、株式会社を設立する場合は定款3通や登録免許税、収入印紙代などが必要になります。
認証を受ける前に必要なものについて確認をしておきましょう。

 
・第4ステップ!登記の申請
登記の申請を行うときは、定款の認証を受けた後に資本金を振り込んでから行いましょう。
登記の申請は本店所在地を管轄する法務局で行わなければなりません。
尚、申請には1週間程度の時間がかかると考えられています。
この登記の申請が通った日こそが会社設立日となります。

 
・第5ステップ!会社設立後、税務署へ届出を提出する
登記の申請が完了し会社を無事に設立できたら、税務署に届出を提出しなければなりません。
このとき提出する書類は「法人設立届出書」で、会社設立から2ヶ月以内に提出しなければならないので注意しましょう。
また、法人設立届出書には添付書類が必要になるので、そちらも合わせて提出しましょう。
会社によっては他にも届出が必要になるものもあるので、各提出先に必要な書類を提出しましょう。

 
このように上記であげたステップによって会社設立をしていけば、スムーズに起業できますよ。
手続きを早く済ませることが出来れば、そのぶん早く会社設立が出来るのでスケジュールを組みながらステップに沿って手続きを行いましょう。

初めての会社設立の流れ

初めて会社設立を行う場合は、その流れについて理解しておくことが重要です。
実際に会社設立は手順を負って手続き・申請を行っていけば、対して難しくはありません。
事実、サラリーマンから主婦、学生までが会社設立を行うようになっていて、近年はよりハードル自体が低くなってきていると言えるでしょう。
まず、会社設立をする場合は目的を明確にしてください。
節税目的なのか事業目的なのか、まずそういう点を決めておくことで向かうべきベクトルが大きく違ってくることもありますからね。
会社設立をするということは少なくとも目的があるはずなので、そこを明確にすることが重要となってくるのではないでしょうか。
なお、目的が決まっていれば会社設立の際にも申請しやすく、手続きも通りやすいです。
国としても何をやるのかまったくわからない起業に関しては、おいそれと許可を出すことも難しくなってくるのです。
わけのわからない会社が日本に溢れてしまってはいけないため、国でもしっかりと対処するようになっています。

『初めての会社設立の流れ』 の続きを見る

会社設立で必要な提出書類は?

 

これから会社設立を考えている人は提出書類について十分に下調べをしておく必要があります。
会社設立前と設立後に提出する書類がたくさんありますので、ここで簡単に説明していきたいと思います。

どのように手続きすればいいのかと言うと、利用する場所は、公証人役場と法務局の二つだけです。
ここにそれぞれ必要な書類を提出することになります。
まず最初に手続きを行うのは、公証人役場です。
ここでは、定款を認証してもらう必要があるため、会社の定款を事前に作成しておかなければなりません。

『会社設立で必要な提出書類は?』 の続きを見る

会社設立に必要なお金のこと

 

近年「会社を設立しよう」というような意見が多くなり、個人事業主やフリーランスの間でも会社にしてしまうという方が多くなっています。
政治関連の話は避けて通れませんが、実際に会社の方が節税になるなど、色々とお金の面を考えて会社設立をおこなう方も増加しています。
確かに現行の政治では、会社に対して優遇措置が進められ、より個人事業主やフリーランスに比べて、会社にしてしまった方が魅力も大きくなっています。
しかし、先立つものがないと会社設立はできます。
そう、お金がどうしても必要となってくるのです。
そこは、ちゃんと考えておくことが必要となるでしょう。

『会社設立に必要なお金のこと』 の続きを見る

独立し会社設立を行う際の社員の採用について

一人で独立、会社設立を行うとなると仕事によっては一人で会社としてやっていくのは難しいというケースも多いです。
社員を雇う必要があったりもしますよね。
ある程度の規模より大きなビジネスでの起業は特に一人で行うことは難しいでしょう。
また役員を入れても難しいこともあります。
『独立し会社設立を行う際の社員の採用について』 の続きを見る

独立して会社設立を行う際の補助金について

今まで働いていたところから独立して自分自身で起業を行い、会社を設立するという方法があります。
会社設立を行うこととなったら、会社として運営をしていくにあたって、知っておいてほしい様々な知識などがあるんですね。
その中に補助金、助成金についての情報があります。
もらえる補助金などはもらっておくべきなので必ず知っておいてほしいといえる情報でしょう。
『独立して会社設立を行う際の補助金について』 の続きを見る

独立して会社設立する際の相談について

独立して起業を行う際に、会社設立を行うケースでは専門的な知識などが必要になります。
ですので会社設立は専門家であるプロに対して依頼を行うことがお勧めですね。
会社設立において知っておくべきことがたくさんあります。
やはりその道の専門の人でないとわからないことなどもたくさんあることかと思うのです。
ですから、会社設立を行う際にはだれか専門家に対して相談を行うことが必要です。
『独立して会社設立する際の相談について』 の続きを見る

サラリーマンが独立して会社設立をすることについて

サラリーマンで働いている場合、これから起業をされたいと考えている場合にはまずは情報収集から始めるようにしましょう。
起業をして会社設立を行うのにあたってやはり情報を得ているということはとても大切なこととなります。
『サラリーマンが独立して会社設立をすることについて』 の続きを見る

独立をして会社設立を行う際のデメリット

独立し起業するにあたって会社設立を行うという方が増えています。
また個人事業主として起業したけれどそこから会社設立を行って法人化している方も増えているのです。
確かに会社設立を行うことによって高いメリットも得ることができます。
でもそのメリットばかりを見ていて法人化したというのではいけません。
メリットに目を向けることももちろん大切ですが、メリットばかりを見るのではなくむしろデメリットの方に注目する必要があるのです。
『独立をして会社設立を行う際のデメリット』 の続きを見る