初めての会社設立の流れ - 独立する?会社設立しよう!

menu
HOME » 初めての会社設立 » 初めての会社設立の流れ

初めての会社設立の流れ

初めて会社設立を行う場合は、その流れについて理解しておくことが重要です。
実際に会社設立は手順を負って手続き・申請を行っていけば、対して難しくはありません。
事実、サラリーマンから主婦、学生までが会社設立を行うようになっていて、近年はよりハードル自体が低くなってきていると言えるでしょう。
まず、会社設立をする場合は目的を明確にしてください。
節税目的なのか事業目的なのか、まずそういう点を決めておくことで向かうべきベクトルが大きく違ってくることもありますからね。
会社設立をするということは少なくとも目的があるはずなので、そこを明確にすることが重要となってくるのではないでしょうか。
なお、目的が決まっていれば会社設立の際にも申請しやすく、手続きも通りやすいです。
国としても何をやるのかまったくわからない起業に関しては、おいそれと許可を出すことも難しくなってくるのです。
わけのわからない会社が日本に溢れてしまってはいけないため、国でもしっかりと対処するようになっています。

具体的な事業計画が決まれば、いよいよ国に申請して許可を得ることが必要です。
ただ、国とは言っても直接直談判するのではなく、管轄の税務署や公証役場への手続き・申請がメインとなってきます。
なお、これらに関しては煩雑なことも必要となってくるため、専門家が必要となります。
勉強すれば手続きや申請のことはわかりやすいですが、それでもやはり司法書士や行政書士、税理士の力が必要となる場面は多々あります。
そもそもそういう専門家が作成した書類などが必要となる場面もあるため、最初から専門家に相談しておいた方が良いでしょう。
それらの仕事を任せる場合は簡単ですが、実際に何をするかによっても変わってきます。
相談だけなら無料ということもあるので、まずは相談してみて、何を依頼したいのかを明確にしてみるということも良いでしょう。

ちなみに、手続きや申請が済めば、後は経営や運営に力を入れるだけです。
ただ、会社設立とは言っても目的によってそれぞれ違ってくるため、そこは注意が必要となります。
何をもってして会社設立が必要なのかを考え、その上で挑戦するようにしてください。
なお、相談がある場合は専門家にするのをおすすめします。
専門家であれば細かな相談にも乗ってくれるので、まずは何でも良いので相談してみてください。
きっと役立つことは間違いないですので、相談内容をまとめておくのもありです。