会社設立における5つのステップとは? - 独立する?会社設立しよう!

menu
HOME » 初めての会社設立 » 会社設立における5つのステップとは?

会社設立における5つのステップとは?


 

会社設立には時間がかかると言われています。
しかし、押さえておかなければならない5つのステップを覚えれば、スムーズに会社設立が出来ますよ。
そこで、会社設立における5つのステップについて見ていきましょう。

 
・第1ステップ!設立前の準備
設立前の準備では商号を決めておきましょう。
商号と言うのは会社の名前を意味していて、基本的には自由に商号を決めることが出来ます。
また、本店所在地となる住所に登記や照合がないかを確認しておきましょう。
会社設立前の準備としてはこれらの他にも、会社や手続に必要な印鑑を作成しておかなければなりません。
印鑑を作成したときは同時に印鑑登録も行っておきましょう。

 
・第2ステップ!定款の作成
商号や印鑑の作成が出来たら、次は定款の作成を行います。
定款の作成はルールに沿って記載していき、事業目的や本店所在地、出資額や発起人の氏名や住所などを記載していきます。
定款の作成はルール通り記載しないと認証が受けられないケースもあるので注意しましょう。

 
・第3ステップ!定款の認証
定款の作成が出来たら公証役場にもっていって、定款の認証を受けましょう。
定款の認証は本店所在地を管轄する公証役場で行い、株式会社を設立する場合は定款3通や登録免許税、収入印紙代などが必要になります。
認証を受ける前に必要なものについて確認をしておきましょう。

 
・第4ステップ!登記の申請
登記の申請を行うときは、定款の認証を受けた後に資本金を振り込んでから行いましょう。
登記の申請は本店所在地を管轄する法務局で行わなければなりません。
尚、申請には1週間程度の時間がかかると考えられています。
この登記の申請が通った日こそが会社設立日となります。

 
・第5ステップ!会社設立後、税務署へ届出を提出する
登記の申請が完了し会社を無事に設立できたら、税務署に届出を提出しなければなりません。
このとき提出する書類は「法人設立届出書」で、会社設立から2ヶ月以内に提出しなければならないので注意しましょう。
また、法人設立届出書には添付書類が必要になるので、そちらも合わせて提出しましょう。
会社によっては他にも届出が必要になるものもあるので、各提出先に必要な書類を提出しましょう。

 
このように上記であげたステップによって会社設立をしていけば、スムーズに起業できますよ。
手続きを早く済ませることが出来れば、そのぶん早く会社設立が出来るのでスケジュールを組みながらステップに沿って手続きを行いましょう。